Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版 |マイクロソフト・パソコン・任天堂DS・おいでよどうぶつのもりのソフトまで・・・御殿場・りんくうのアウトレットに負けない!プレミアム価格セレクトショップ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版 |マイクロソフト


Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版
マイクロソフト
Windows DVD-ROM
発売日 2007-01-30
定価:オープンプライス
価格:¥29,000(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★





OS導入時の鉄則を守れば、個人利用のPCには最適なWindows Vista 2007-03-30
MicrosoftのOSとしては5年ぶりの新製品の一翼を担う本製品は、個人向けの機能を一通り備えたものとなる。対応機器は必要だが、Media Centerの実装によって、OSのみで統合型AV機器としてPCを使うことができるようになったことが、機能面で大きな特長となる。

OSなので、操作環境とシステム資源の管理のしやすさが評価の対象となる。

私の場合、後者の改善に目を引かれた。システムの設定や管理を行うコントロールパネルの項目が整理され、外観のカスタマイズ、省電力設定、ネットワーク接続環境の切り替えなどが簡単にできるようになっていたからだ。また、システム資源管理ツールのインターフェースが整理されたので、ログや監視ツールによって不具合の解決に役立つ情報を得やすくなっている点も大きい。

操作環境に関しては、Webブラウザのそれを踏襲したものに変更された。このため、使用感は以前のバージョンと異なる。既存のWindowsの利用者は、それに少なからず戸惑うと思う。

一方、安全性は、ユーザー権限の見直しなどで強化されているが、これに関しては目をつぶらないといけない一面もある。同製品は世界中で多くの人に使われるため、欠陥のあら捜しがクラッカーによって行われるのは必至だからだ。

これらのことを考慮しても、OSとして順当な進化を遂げたと判断してよい製品だ。



元来、APIなどOSの内部仕様を時代に即したものへ刷新する役目を担う製品として開発されているので、お手持ちのソフトウェアや機器の対応情報は、導入前によく確認しよう。愛用のものが動かないと悲惨なので、様子を見たい人は、デュアルブートができる本製品を選択することをお勧めする。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/4/16に作成しました。

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・DS・ブランド品など人気商品をアウトレット価格でご奉仕!|通販アウトレット|プレミアムショップ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。